資金不足の場合

賃貸でお部屋を借りる場合は契約時に多くのお金がかかります。


たとえ、礼金無し、敷金一か月の物件があったとしても仲介手数料と前家賃を合わせると、最低でも家賃の三か月分相当分の契約金が必要になります。

基本的に賃貸契約の契約金は、契約時に一括で支払うものですので、契約金全額が用意できなければお部屋を借りることができません。

でも、不動産屋さんの看板を見ていると、たまに「資金不足相談」なんて書いてあるのを目にします。資金不足を相談に乗ってくれる不動産屋さんって本当にいるのでしょうか?

そういう業者はお金を貸してくれるのでしょうか?
はたまた分割に応じてもらえるのでしょうか?

そうではありません。
実はお金を貸してくれる業者(金融業)を紹介してくれるだけのことです。そしてちゃっかり紹介料を受け取っていたりするのです。

基本的にその手の融資は金利が高いので、資金不足でもなんらかの事情で引っ越さなければならない人は、まずは親や親族などの身内に相談するなどして、自力で契約金を調達する努力をした方が良いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterでお部屋探しジェーピーをフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. お部屋探しに一番良い時期はいつ?

    お部屋探しをするのにいちばんいい時期はいったいいつなんでしょう。 不動産屋さんに聞くと恐らくみんな…
  2. 先物物件のお話

    【必見】先物物件のお話

    あなたは先物物件って言葉をご存知でしょうか? その意味どころか言葉自体聞いたこともない方がほとんど…

おすすめ記事

  1. ペット・ピアノ・水商売歓迎
    ふと、不動産屋さんの看板やチラシを見ると、 「ペット可」「ピアノ可」「事務所可」「二人入居可」なん…
  2. 物件を押さえておくということは実は申し込むということ
    別に今日は決める気ないから・・・。 なんて自分に言い聞かせながら不動産屋さんに行って、もし良い物件…
  3. ところで賃貸のプロ(不動産屋さん)のお部屋探しってどうなの?
    賃貸契約を締結するには必ず不動産屋さんに足を運ぶ必要がありますが、お部屋探しの初めの段階では今ではほ…
北海道 東北 首都圏 甲信越 東海 北陸 近畿 中国 四国 九州・沖縄 九州・沖縄

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS

ケース別アドバイス

  1. 学生のお部屋探し
  2. フリーターのお部屋探し
  3. 中高年のお部屋探し
  4. ルームシェアをしたい方
  5. 資金不足の場合
ページ上部へ戻る