当サイトのコンセプト

ようこそ!賃貸ネットワーク「お部屋探しジェーピー」へ。

早速ですが、当サイトのコンセプトは、
「いいお部屋探しはいい不動産屋さんとの出会いから」
です。

お部屋探しジェーピーキャラクター

あなたは今お部屋探し中ですか?
それともこれからお部屋探しをするためにいろいろ調べていて当サイトをご覧になってますか?

いずれにせよ、お部屋探しを始める前に当サイトをご覧になっていただいたあなたはラッキーです!

なぜなら、あなたは効率よく最短時間でいいお部屋に出会えるようになるからです。
いままでたくさんの方のお部屋探しを見てきた管理人がその経験に基づいてわかりやすく説明いたします。

インターネットを利用した物件検索の目的

あなたは、お部屋探しが決まったらまず何をしますか? 大半の人がネット上の主要な物件検索サイトで「意味のない物件検索」を繰り返していないでしょうか。

一度でも物件検索をしたことのある人は、ものの数分で気が付くはずです。

なんだよ!物件検索サイトの登録物件ってどれも同じものばっかじゃん!!

そうですね。

ネット上には同じ物件が違う業者名で何件も登録されているのに気が付くと思います。

知らないうちは業者が違うものだから全ての業者に問い合わせを入れてしまうんですね?

なんて無駄な時間を過ごしていたんだろう・・・」って思うかもしれませんね。

でも今、この瞬間からその行為が無駄でない行動に変わるんです。
ていうかお部屋探しにとって、とても大事な行動だということに気づくことになります。

インターネットでの物件検索は、その目的と意識をちょっとを変えるだけでとても大切な作業に変わります。

具体的なお部屋探しの方法は
【重要】お部屋探しの方法をご参照ください。

意味のない物件検索を意味のある物件検索に変えて見せます。

物件検索サイトの役割

今のあなたにとって物件検索サイトの役割は、きっと賃貸物件を探す「ツール」のはずです。

その物件は、その物件検索サイトに登録している不動産屋さんがせっせと情報入力をしているんですが、当の不動産屋さんからみて物件検索サイトの役割といえば、ズバリ「集客」です。

この役割認識の相違が重要なのです。

私の経験上、お客様が物件検索サイトで見つけて持ってきた物件がたまたま空いていたとしても、その物件で契約まで至ったケースはほとんどありませんでした。
中にはラッキーにもすんなり契約になる場合もありますが、ほとんどの場合、最終的に別の物件にすり替わっているのが実情です。

それはなぜか?

物件検索サイトに登録されている物件は数ある賃貸物件のなかのほんの一部に過ぎず、集客的見地からみて「目を引く物件」が中心に掲載されているが故、来店時にはすでに埋まっているか、実際見ても何らかの理由で決定まで至らないものが多いのです。

しかも、不動産屋さんが実際に物件を探すときには一般ユーザーが利用しているそれらの物件検索サイトは使用しません。それはなぜか?不動産屋さんはわかっているからです。
不動産屋さんが物件を探す時は業者だけが閲覧できる専用サイトを利用します。

詳しくは当サイトのお部屋探し予備知識編お部屋探し基礎知識編賃貸業界の舞台裏を見て頂ければお分かりになりますが、ここをしっかり理解しないといつまでもネット上で意味のない物件検索を繰り返すことになるのです。

話を戻しますが、実際に物件情報を登録している不動産屋さんが集客目的で物件検索サイトを利用しているのなら、ユーザーも物件検索サイトを不動産屋さんを選別するための目的で利用すればいいのです。(ココ非常に重要です。)

つまり物件検索サイトの双方の役割認識を一致させるわけですね。

先ほど、物件検索サイトで見つけた物件で契約まで至ったケースは少ないと言いましたが、ではせっかく来店したお客さんはその後どうなるのでしょうか? それは、担当になった営業マンが他の物件を紹介するわけです。

今、さらっと言いましたが、お気づきでしょうか?

結局は不動産屋さんに直接物件を探してもらうわけです。
たまたま入った不動産屋さんで、たまたま担当になった営業マンとあなたの大切な時間を共有し、あなたが満足するには、その営業マンがとても人当たりが良く、しかも経験豊富で物件情報を多く知っている必要がありませんか?

さて、そのような当たりくじを引く確率はいったい何パーセントあるでしょうか。

もう気が付いて頂けましたよね?

まとめ

お部屋探しで大切なのは不動産屋さんの質

物件検索サイトはあくまでも不動産屋さんの質を判断し選別するためのツールとして利用しましょう。

お部屋探しのほとんどのケースで、最終的に不動産屋さんに直接物件を紹介してもらうのであれば、その不動産屋さんを慎重に選ぶべきです。
当サイトのコンセプト「いいお部屋探しはいい不動産屋さんとの出会いから」の意味をご理解いただけたでしょうか?

ネット上にはたくさんの物件検索サイトや、今ではSNSを利用して物件を紹介してくれるなんていうサービスもありますが、そのようなサービスの運営者はほとんどが不動産業者ではなく、そういった仕組みを提供するだけのネットサービス業者なのです。

上記のネット事業者は、単に不動産屋さんの仲介(紹介)をしているにすぎず、不動産屋さんは集客のためにそのサービスを利用する、いわばお客さんなのです。

ですから私達ユーザーはそのサービスを利用して物件を探しているように思い込んでいますが、実は不動産屋さんもまた利用者の立場で、お客さんを探しているのです。
その利用者同士がウィンウィンの形になるにはネット上の「物件検索(紹介)サービス」の利用方法の考え方自体を変える必要があります。

物件検索サイトは「いい不動産屋さんに出会うためのツール」として大いに利用しましょう。

また当サイトでは「いいお部屋探しはいい不動産屋さんとの出会いから」というコンセプトに基づき、「全国不動産屋さん検索」を併設しております。(※H29.04現在 新規リニューアル中)こちらであなたにピッタリの物件を紹介してくれて、しかも末永くお付き合いできる不動産屋さんを探してください。

実際のお部屋探しは
お部屋探し実践編をご参照ください。

皆様が当サイトと出会ったことで、最終的に満足のお部屋探しができることを切に願ってやみません。

次に是非【重要】お部屋探しの方法をお読みください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterでお部屋探しジェーピーをフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. お部屋探しに一番良い時期はいつ?

    お部屋探しをするのにいちばんいい時期はいったいいつなんでしょう。 不動産屋さんに聞くと恐らくみんな…
  2. 先物物件のお話

    【必見】先物物件のお話

    あなたは先物物件って言葉をご存知でしょうか? その意味どころか言葉自体聞いたこともない方がほとんど…

おすすめ記事

  1. ペット・ピアノ・水商売歓迎
    ふと、不動産屋さんの看板やチラシを見ると、 「ペット可」「ピアノ可」「事務所可」「二人入居可」なん…
  2. 物件を押さえておくということは実は申し込むということ
    別に今日は決める気ないから・・・。 なんて自分に言い聞かせながら不動産屋さんに行って、もし良い物件…
  3. ところで賃貸のプロ(不動産屋さん)のお部屋探しってどうなの?
    賃貸契約を締結するには必ず不動産屋さんに足を運ぶ必要がありますが、お部屋探しの初めの段階では今ではほ…
北海道 東北 首都圏 甲信越 東海 北陸 近畿 中国 四国 九州・沖縄 九州・沖縄

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS

ケース別アドバイス

  1. 学生のお部屋探し
  2. フリーターのお部屋探し
  3. 中高年のお部屋探し
  4. ルームシェアをしたい方
  5. 資金不足の場合
ページ上部へ戻る