担当営業マンに当たりはずれなどあるのでしょうか?

当然あります。

いつも言っていることですが、良いお部屋探しには良い営業マンは欠かせません。が、しかしその営業マンも経験を積んでいて、たくさんの業者や管理会社を知っていなければ良いアドバイスも物件をたくさん紹介することもできません。

担当が物件を探すことを業界用語で「物出し(ぶつだし)」といいますが、営業の中でこの物出しがいちばん時間がかかり、いちばん疲れる部分です。 的確に物出しできるようになるには少々経験が必要なのです。

貴方がもし、ターミナル駅等の仲介業者のお店に行くと、多くの場合、営業マンは輪番制で担当が決まります。

もしあなたに新人の営業マンが担当についてしまったらどうでしょうか。
はっきり言って悲劇です。

お店では営業マンの動きをチェックせよ

賃貸のお店の場合、特に歩合給でやっているところでは、営業マンの出入りが激しい(分かりやすく言うとすぐ辞めてしまうので常に人員を募集している)のでいつ行っても必ずといっていいほど新人が混じっている可能性が高いです。

あなたに付いた担当が新人かどうかを見極める為によく動きを観察しましょう。

まず、お店の一番奥に、そのお店の責任者(店長・社長)らしき人がいるはずです。
接客中にちょくちょくそこに行ったり呼ばれたりしてひそひそ話をしているようであれば間違いなく新人さんです。物件ライブラリが無いのでアドバイスを受けているんです。

また、お客の条件を報告し、「じゃあこの物件で決めて来い」なんて言われようものなら、「この物件しかないです」なんて、受け売りのセールストークで押して来たりしかねません。

あと、営業マンの動きを見ていると、新人・ベテランに関係なく不信な行動を目撃することもありますが、こちらについては賃貸裏話編などでご紹介します。

いろいろ言いましたが、上記は自分の経験談でもあります。
どんなベテラン営業マンであっても新人の時はあるものです。その人が先輩にアドバイスを受けながら一生懸命接客している姿は見ていても清々しいものです。

だからといってお客側は、新人であろうがベテランであろうが、関係ありません。新人に足りない部分をちゃんと先輩がフォローしているかどうかもお店自体を観察する重要なポイントです。