当たり前のことですが、お店に来るお客さんの中には「ひやかし」という人たちもいます。

相手の担当者はまずあなたがひやかしのお客さんかどうか判断にかかります。
もし、「こりゃあひやかしだ」等と判断されたらなんだかんだ理由をつけられて追い返そうとしてくるものですが、これは不動産屋さんに限ったことではありません。

そこで貴方はひやかしの客と見られないために、真剣にお部屋探しをしに来ているんだということを担当者にしっかりアピールしましょう。

担当者を引き付ける重要なキーワード

お店に入り、席についたらまずどこでも「受付票」を記入するところから始まります。自分の住所や勤務先等、ここでは正直にありのままを記入して下さい。

物件の中には申し込み人の資格を限定したり、審査上、申し込み人の内容が重要になるものがあります。

わかりやすく説明すると、男性に対して女性専用マンションを紹介しても無駄のように、お客様の内容によってご紹介できない物件も有るのですが、受付時に正確に伝わっていないと、気に入った物件が見つかって、いざ申し込みをする段階で、いや実は職業が・・・、保証人が・・・、なんてことになると、まさに時間の無駄ですし、担当者だって無記入や虚偽を書かれたら、その時点でやる気がなくなってしまいますし、信頼関係なんて築けません。

受付票や担当が聞いてくることはお部屋探しに不可欠な事ですので正直に答えてください。

担当者もあなたの行動を見ているものです。

重要なキーワード

では、あなたの担当者を引き付ける魔法の言葉をお教えます。

担当が
「いつ頃までにお引越しをお考えですか?」
とか
「いつまでにお部屋を決めたいですか?」
等と聞いてきたら、こう答えてください。

「良い物件があり次第すぐにでも」
「即入居の物件を探してください」

これで担当者をこちらにグッと引き付けられます。
ここで間違っても「別に急いではいないんです」なんてあやふやな返答をしてしまうと即「ひやかし」組です。
ご注意ください。