質問築10年ほどの賃貸マンションに住んでます。1年半くらい前に引っ越してきました。

悩みというのは、異常なほどの湿気です。 これには、すごく悩まされ、換気はもちろん、いたるところに湿気とりをおいたりしましたが効果なく、最近では、除湿機も購入しフル活用してます。

また、押し入れの掃除のあとは壁にアルコールをふきかけたり、押入れ用の湿気、カビ防止グッズを置いたりしています。 にもかかわらず和室の押入れの壁には結露がつき、底には水がたまります。 もちろんカビもはえるので掃除が大変で、今まで何回すのこや、押入れ用シートを交換したか分からないほどです。

今まで数回引越しをしてきましたが、こんなのははじめてです。相談というのは、こんな状態なので、もちろん押し入れ(和室だけじゃなくほかの物入れも)の壁は、カビのあとがひどいし、北側の部屋の壁紙もはがれたりしているのですが私達が出るときに、こういった修理代などは支払わなくてはいけないのでしょうか。
また、今度お部屋探しをするとき換気の状態をチェックする方法があれば教えてください。よろしくお願いします。

回答湿気の原因はいくつか考えられます。
ひとつは、立地的なもの、たとえば一階で日の当たらない部屋や、湿った土壌に建つ建物などは、押入れの中がかびやすかったりします。

もうひとつは、建物の構造的なもの、近年のマンション等は密閉されているので、最近のような寒い日が続くと、室内との温度差ですごく結露しますよね。

昔の隙間風ヒューヒューのアパートには無縁のものでした。 ○○さんの問題は、修理のことですよね、結露するのはしょうがないとして、そのためにカビてしまったり、はがれた壁紙は、わざとやっていることではないのでその義務はないと思います。 しかし中には換気をきちんと行わなかったのに原因があるなんて半ば言いがかり的なことを言ってくる人もいないとも限らないので、できれば、今の状態で、管理の不動産屋さんや大家さんに相談してみるのもいいでしょう。

湿気は今始まったことではないはずですから、当然彼らも承知しているはず。 言えばその都度修理や対策を講じてくれるかもしれません。
退出のときに実はこうでした・・。 というより、その都度相談を持ちかけて、逆に何とかしてくださいぐらいな言い方でもいいと思いますよ。

次に、次回のお引越しのときの注意点として、先ほどの原因でもありましたように立地的なものは、見に行けばおおよそ予想がつきます。 部屋に入ってまずカビくさかったり、押入れの中にカビが生えていたような後や臭い等・・・。わざわざ雨の日に言ってみるのも手です。
最近のマンションでも、よほどひどいところは窓際の床がいたんでいたりします。

こんなところでしょうか。 最近は窓も締め切って、めったに開けないという人もいるでしょうが、たまには換気をし、まめに窓もお掃除といった日頃のメンテナンスも欠かせないのは言うまでもありません。